不動産物件の購入を検討しているなら質のいいみのり開発に依頼

工法を確認しよう

アパート

RC造とSRC造の違い

湘南の海を感じながら生活出来るという事もあり、鎌倉市や茅ヶ崎市といった湘南エリアは移住先として人気です。湘南エリアでマイホームを購入したいという場合、マンションを選択するのも良いでしょう。人気の湘南エリアでもマンションでなら、比較的好立地の場所に建てられています。一戸建てとマンションのメリット・デメリットを比較し、マンションを選ぶという方も少なくないようです。マンションを購入する際は、どのような工法で建てられているのか、覚えておくと選定する時の参考になります。普段、あまり気にしないマンションの工法ですが、知っておく事で魅力や特徴を把握できるのです。マンションは主に、2つの工法で建てられています。RC造と、SRC造という工法です。RC造は鉄筋コンクリート造とも言われる工法で、型枠の中に鉄筋を設置して、そこにコンクリートを流し込む事で、柱や梁といった骨格部分を作ります。この工法であれば比較的、自由に形を変えられる点が魅力です。もちろん、コンクリートで作られているので、耐震性・耐火性にも優れています。SRC造は、鉄骨鉄筋コンクリート構造となっている工法です。鉄骨の周囲に鉄筋を組んで、そこにコンクリートを打ち込む施行を行います。鉄筋コンクリート造の特徴である変形しにくいと点と、鉄骨造の特徴しなやかさを併せ持っている点が、SRC造の魅力です。このように、RC造・SRC造と工法の違いで特徴が変わります。工法を把握しておけば、より理想のマンションを購入出来るでしょう。